未分類

痩せる座り方 オフィスでの仕事中や勉強中にもダイエット

 

こんにちは! 理学療法士の齋藤です。
今日は痩せる座り方について書いていきたいと思います!

ダイエットをしているみなさん、辛いですよね。
運動に食事制限、、、 あーヤダヤダ(°_°)

そこでどーにか楽に痩せる方法ないかなーと思いまして
わたくし調べました。

そしたら、座っているだけで痩せるかもしれない
という方法を見つけたので皆さんに伝えていきたいと思います。

 

痩せる座り方とは?

 

結論から話しますが、痩せる座り方は

良い姿勢で座ってろ

ただこれだけなんです。

良い姿勢で座っているだけで本当に痩せるの?
と思うかもしれませんが、これにはしっかりと根拠があります。

 

悪い姿勢と良い姿勢のカロリー消費の違い

 

皆さんもご存知
「タニタ」が、社内調査で

悪い姿勢と良い姿勢での酸素摂取量の違い
調べたものがあります。

この酸素摂取量から
カロリー消費量を計算して
悪い姿勢と良い姿勢で比べています。

結果は
体重1kgに対して1分間で平均約0.5ml/kg、酸素消費が多くなっていました。
これをカロリー換算すると
例えば体重60kgの人が、デスクワークで1日4時間座っていると仮定すると
良い姿勢の方が32kcal多く消費することになります。

たった32kcalかよって思いました?(p_-)
バカにしてはいけません。

これを週5勤務で1週間続けたとすると
約120kcalになります。
これはご飯茶碗1杯分になります!
結構大きくないですか?

さらに!!
これを1ヶ月続けると、約1000kcal消費できます。
これはなんと、カツカレー1杯食べれちゃいます。
めちゃくちゃでかくないですか??

なので、ダイエットしてる人は
デスクワーク中や勉強中に
少し意識して姿勢を良くすると
効率的に痩せることができます!!

 

良い姿勢って?

 

良い姿勢で座れといっていますが
ただ背中を伸ばせば良いって話しではありません。

腰を反りすぎてしまうと、筋肉が過剰に緊張してしまい
腰痛の原因になりかねません。

腰痛にならないような座り方については
前に動画とブログで説明してますので
こちらを参考にしてください。

【ブロガー必見】PC作業時の理想的な座り方【腰痛予防】 こんにちは、理学療法士のさいとうです。 みなさんブログなどのPC作業時に 腰が痛くなることがありませんか。 ...

ここの記事ではポイントを1つ伝えます。

そのポイントは
座った時に軽く背筋を伸ばし
肛門のちょうど前くらいを
キュッと
力を入れてください。

これは骨盤底筋という筋肉を働かせているのですが
骨盤底筋が働くと、一緒に腹横筋を働きます。

腹横筋はお腹全体を覆うような筋肉なので
こいつがしっかり働くことで
腰痛の予防にもなりながら
カロリー消費量も増やせることになります。

まとめ

今日は痩せる座り方について
書かせていただきました。

ポイントをまとめていきましょう。

1.良い姿勢で座る
2.腰を反りすぎない
3.骨盤底筋を収縮

これを参考に少しでも
効率よく痩せてもらえたらと思います。

ではまた別の記事で、、、