セラピスト向け

リハビリでの大動脈瘤に対するリスク管理

 

こんにちは、理学療法士のさいとうです。

 

今日は「大動脈瘤」について話をして行きます。

大動脈瘤は死亡のリスクが高く、
怖いですよね。

でも、なんとなく怖いけど
どう気をつけたらいいの?

と思っている人も多いのではないでしょうか。

今日はそんな人の役に立てたらと思います。

 

大動脈瘤とは

 

大動脈瘤は「 大動脈の一部の壁が,全周性,または局所性に(径)拡大または突出した状態」とする.
大動脈壁の一部が局所的に拡張して瘤を形成する場合,または直径が正常径の1.5倍(胸部で45mm腹部で30mm)を超えて拡大した(紡錘状に拡大した)場合に「瘤(aneurysm)」と称している.

2011.大動脈瘤・大動脈解離診療ガイドライン

とかいてあります。

要は胸部・腹部の大動脈が直径1.5倍以上になり
こぶができている状態というわけです。

動脈硬化が疑われる初老期の男女
に好発すると言われており

症状としては

胸背部圧迫感・背部痛・腹痛
嗄声(左反回神経麻痺)・Horner症候群
嚥下困難・悪心・嘔吐
拍動性腹部腫瘤

などがあげられる。

しかし、症状が乏しい場合も多いので
確定診断には造影CTなどが必要となります。

 

破裂を予測させる最大の因子は
動脈瘤の直径になります。

最大直径[cm] 年間破裂率[%]
<4.0 0
4.0〜4.9 0.5〜5.0
5.0〜5.9 3〜15
6.0〜6.9 10〜20
7.0〜7.9 20〜40
8.0≦ 30〜50

この表は、腹部大動脈瘤の大きさと破裂のリスクを示しています。

5cm以上のものは破裂のリスクが高いため
手術適応となります。

また、年間5mm以上の拡大傾向にあるものも
同様に手術適応が検討されます。

 

リハビリとリスク管理

 

リハビリでの目標は

・1 日の血圧が収縮期血圧で130mmHg 未満にコントロールできている
・ADLの自立

などとなります。

 

これを目指す上でのリスク管理としては
大動脈瘤を拡大・破裂させない

ということと

その他合併症に対する管理

がメインとなります。

 

①はリハビリ中の運動負荷
が重要となります。

なので、血圧上昇や心拍数上昇を伴う
訓練メニューは避けるべきである。

血圧の目安としては
収縮期を105〜120くらいで
キープできるよう進めて行きます。

基本は主治医の先生と随時確認を
とりながら、負荷量を決定して行きましょう。

さらに日常生活で血圧の上昇を
避けるような生活指導が重要となります。

 

②は主に動脈硬化に対する注意・管理
が必要になります。

動脈硬化性危険因子の管理としては
高血圧・脂質異常症・糖尿病・高尿酸血症
などの治療および管理が必要です。

さらに動脈硬化性合併疾患の管理では
脳血管障害・頚部動脈疾患・動脈疾患・腎(動脈) 硬化症
などを有していることが多いです。

その中でも冠動脈疾患の合併は高率であり、
全身の主な動脈病変の合併について
評価し必要であれば治療をしていく必要があります。

 

まとめ

 

今回は大動脈瘤について
書かせていただきました。

最後に要点をまとめます。

 ・血圧上昇や心拍上昇の伴う訓練は避ける
(収縮期 105〜120を目安)

・動脈硬化に対する注意・管理が重要
(特に冠動脈疾患の合併に注意)

 

大動脈瘤はリハビリ自体が
禁忌になる場合もあるので

主治医の先生とよくコミュニケーションを
取りながら進めて行きましょう。

 

今日の記事が少しでも役に立ったら幸いです。

ではまた別の記事で。。。

 

参考文献

病気がみえる 循環器.発行者:岡庭 豊 発行所:株式会社 メディックメディア

(2012).心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイドライン

(2011).大動脈瘤・大動脈解離診療ガイドライン