セラピスト向け

アルコール依存症とは? リハビリテーションでのポイントを解説

 

みなさん、お酒は好きですか?私は大好きです。

程々にと言いつつも、ついつい飲みすぎてしまう日もありますよね?

今日は、そんなお酒が題材となる「アルコール依存を有す患者に対するリハビリテーション」についての記事です。

 

アルコール依存症とは?

 

アルコール依存症とは、大量のお酒を長期に渡って飲み続けることで、お酒がないといられなくなる状態です。

その影響が精神面や身体面にも表れ、通常の生活が送れなくなります。

また、アルコールが体内から抜け始めると、イライラや抑うつ気分などの不快感情、心悸亢進などの自律神経症状、手の振戦や一過性の幻覚、けいれん発作などの「アルコール離脱症状」が出現します。俗にいう「禁断症状」です。

 

アルコール依存症の合併症

 

アルコール依存症では、身体面に影響を及ぼす合併症が多く存在します。

・消化器→アルコール性肝炎、アルコール性肝線維症、肝硬変など

・循環器→心筋梗塞、心不全、高血圧、脳梗塞・脳出血、不整脈、末梢血管障害など

・生活習慣病→がん、糖尿病、高血圧、脂質異常症、メタボリックシンドロームなど

・神経・筋肉→横紋筋融解症、アルコール性末梢神経障害、アルコール性小脳失調など

また、アルコール依存症はうつ病などの精神的な合併症とも関係が深いといわれています。脳へのダメージも大きく、アルコール多量摂取による脳萎縮やアルコール性の認知症など、認知機能が低下することもあります。

 

リハビリテーションでのポイント

 

ここからは本記事の本題です。

 

まず、「アルコール中毒、アルコール依存症」といわれる状態の方の特徴として、

・昼夜逆転

・食事摂取量の減少、偏った食事内容、低栄養

・運動不足

など、生活習慣が乱れていることが多く見受けられます。

 

アルコールに依存的な方のリハビリを行う上で最も重要であることは、「生活習慣の再構築」です。

アルコールが体内から抜けていないことも非常に大きな問題となりますが、効果的なリハビリを行う上で「運動・食事・睡眠」のバランスが重要であることは周知の通りです。

特に、アルコールに依存的な方の生活習慣を伺うと、「運動・食事・睡眠」のバランスが破綻していることがとほんどです。

例えば、食事摂取量が増える→運動量を増加する→良質な睡眠時間が確保される

というように、それぞれが影響しあって生活習慣が改善されていきます。

裏を返すと、1つが乱れると他2つにも影響が出やすいので注意が必要が必要です。

 

まとめ

 

今回は、アルコール依存を有す患者に対するリハビリテーションについて説明させて頂きました。

ポイントは、

アルコール依存症とは、大量のお酒を長期に渡って飲み続けることで、お酒がないといられなくなる状態。その影響が精神面や身体面にも表れ、通常の生活が送れなくなる。また、お酒が抜けると「アルコール離脱症状」が出現する。

 

・アルコール依存症は、消化器疾患、循環器疾患、生活習慣病、筋・神経疾患、精神疾患などの合併症を発症することが多い。

 

・リハビリを行う上では、「運動・食事・睡眠」のバランスを整え、生活習慣を再構築させることが重要。

の3つです。

入院患者様には、それぞれ様々なバックグラウンドがあります。

今回は文献と私の経験を元に書かせて頂きました。少しでも参考になれば幸いです。

ではまた別の記事で。

参考文献

標準理学療法学・作業療法学 精神医学第3版 編集:上野武治

標準理学療法学・作業療法学 臨床心理学 執筆:町沢静夫